ニュースリリース

「クラウド型人事システムEHR」に『マイナンバー管理』機能を追加
―人事労務管理のアウトソーシングサポート体制をさらに強化―

  • 2015-08-18
  • レジェンダ・コーポレーション株式会社

人事BPR・BPO(採用人事・労務システム)のレジェンダ・コーポレーション株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:藤波 達雄、以下 レジェンダ)は、「クラウド型人事システムEHR(イーエイチアール)」に、新しい機能として「マイナンバー管理」を追加しました。

このニュースリリースをPDFで読む このニュースリリースをPDFで読む

「クラウド型人事システムEHR」について

「クラウド型人事システムEHR」は、2001年に、レジェンダがアウトソーシングで培ったノウハウを凝縮して開発した、総合人事システムです。既に全体で600社以上の導入実績があり、人事労務管理のアウトソーシングにおいても60社に採用されています。

「クラウド型人事システムEHR」には、「人事管理」「給与管理」「勤怠・就業管理」「申請管理」「目標管理・評価・考課」「360度評価/自己申告/サーベイ」「新卒採用管理」「中途採用管理」の機能があり、このたび「マイナンバー管理」が追加され、全部で9つの機能となりました。

2016年1月以降に予定されている、政府のマイナンバー制度導入に伴い、企業が従業員の社会保険の手続きや源泉徴収、税金の納付などを行う場合や、証券会社や保険会社等の金融機関での手続きなどに、マイナンバーが必要となります。

レジェンダは、「クラウド型人事システムEHR」にいち早く、「マイナンバー管理」機能を追加し、企業の人事労務管理をアウトソーシングという形で、さらに円滑にサポートしていきます。

「マイナンバー管理」機能について

【マイナンバーをよりセキュアに保管・管理】

  • EHRのワークフローにて提出されたマイナンバーは、マイナンバー管理専用の別サーバに暗号化され、格納されます。
  • EHR上でマイナンバーの閲覧、利用(ダウンロード)を行う際は、APIによりマイナンバー管理データベースからデータを呼び出し、画面表示またはデータダウンロードを行います。

【確実な収集・保管・削除・破棄】

最新の人事情報を一元管理しているEHRにより、必要なマイナンバー(本人、扶養家族)の収集・保管、不要なマイナンバー(退職者・扶養から外れた家族)の削除・破棄が確実に行えます。新規入社手続き、身上異動手続き等の一連の流れの中で、ワークフローによるマイナンバーの収集申請が可能です。

【人事部門の負荷削減】

EHRの「マイナンバー管理」機能のマイナンバー収集・管理サービスをご利用いただくことにより、各種安全管理措置に対応する人事部門の負荷が大幅に軽減されます。

【安全管理の徹底】

EHRの「マイナンバー管理」システムは、多様な業種のお客様の内部統制基準に耐えうる各種安全管理措置対策をとっています。お客様のシステム機能、インフラ・セキュリティ、ファシリティ等の安全性強化にもつながります。さらに、内部統制室による情報を取り扱う社員のコンプライアンス教育も徹底します。

本件に関するお問い合わせ先

レジェンダ・コーポレーション株式会社
TEL:03-6894-7340 FAX:03-6894-7311
担当:坂蓋(さかふた)・柏木(かしわぎ)

お問い合わせフォーム(お客様用)

※営業ご担当者様のお問い合わせはこちら