Skip to content(本文へジャンプ)

想い切りトーク Vol.028 前編

  • 想い切りトーク
  • Vol.028
  • 前編

カオスを楽しむマインドセットで
大胆に課題解決に挑む

取材日: 2019/08/27

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェアする
  • 株式会社メルカリ CHRO
    木下 達夫
  • インタビュアー北澤 孝太郎

株式会社メルカリは、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを作る」をミッションとし、2013年からフリマアプリ「メルカリ」のサービスを開始。月間利用者数が1300万人を超え事業が急成長。組織サイズも拡大し、採用や人事体制のアップデートが急務となるなか、2018年12月に同社に入社し、CHROに就任した木下達夫氏にお話を伺った。

PROFILE日本企業のグローバル化を応援したい

木下 達夫

北澤
木下さんにご登場いただくのは2度目ですね。前回は5年前で日本GEの人事部長をされていました。まず、メルカリへの入社の経緯をお聞かせいただけますか?
木下

GEに17年在籍しグローバルな人事業務経験を得ることができました。最後はマレーシアにあるアジア太平洋地域の本社(HQ)で、組織人材開発・事業部人事責任者としてアジア太平洋地域全体をカバーするという仕事をしました。帰国するにあたって、日本の企業のグローバル化を応援したいという気持ちが強かったのです。

そういう中で、知人の紹介でメルカリの話を聞いたところ、「新たな価値を生みだす世界的なマーケットプレイスを作る」というミッションを掲げており、既に米国事業はあるが今後他国への展開可能性も考えている、また国内でも外国籍社員の採用が急増し、既にエンジニア部門の4割が外国籍なので、国籍に関わらず多様な人材がパフォーマンスやバリューを発揮して、活躍できる仕組みにするためには、人事制度を大幅にアップデートしないといけない。それにはやはりグローバルな経験がある人の視点が必要だとお聞きし、やりがいのある大胆なチャレンジだと興味を持ちました。

また採用面接を通じて、経営陣から組織課題が山積みであること、今後の事業成長のために課題に真剣に向き合って、メルカリらしい組織作りや人事の仕組み化を実現したいと聞いて、この状況を「課題解決遊園地」と捉えて、「カオスを楽しむマインドセット」で取組み、「新たな世界基準となるような人事施策を展開」できたらかなり面白いと考えて、入社を決めました。

北澤
CHROとして入社されて、最初に力を入れられたのはどんなことですか?
木下

一番に課題と感じたのは、人事のリソースが採用に極端に偏っていたことです。実際に、2018年は年間で800人くらい採用していました。当時は1年で社員が倍になって1,600人となっていて、採用活動としては相当大変だったと思います。一方で、採用された社員が入社後に継続的に活躍し、成長していく仕組みは十分ではありませんでした。そこで組織開発と人材育成を推進するOTD(Organization & Talent Development)を新設しました。

2つ目の課題は、組織拡大に伴い人事と現場との距離感が出てきたことです。部門長やマネージャー、メンバーから見ると、採用以外の場面で人事の存在が遠くなっていて、誰に何を聞いていいのかわからないという声を多く聞きました。
そこで部門の個別課題を把握し、マネージャーやメンバーに身近な存在となる組織担当人事(HRBP)を置きました。

3つ目は、マルチカルチュアルです。当時は外国籍の人がいるのに、社内コミュニケーションがほとんど日本語でした。英語話者が急増する中通訳を依頼すれば良いというスタンスではなく、直接英語で語りかける機会をもっと増やす必要があると経営陣に提案しました。そこからわずか半年間で、全社員が参加する定例のAll Handsを英語でも実施して、日本語話者に通訳することを試してみるところまで進捗しています。

北澤
英語で話そうというのは、人事からの提案ですか?
木下

前からそういう声は一部ありましたが、オフィシャルに経営陣に「英語化に向き合いましょう」ともっていったのは人事主導です。

北澤
英語だけでなく、文化的なことや考え方はどうですか?
木下

それもありますね。やはりいろいろな国の方が入ってくると、「ツーカー」ではなくなるので、いかにわかりやすく、みんなの目線を合わせるかというのはすごく重要ですよね。

北澤
「聞き手責任」と私は呼んでいますが、日本の場合は「聞いているほうがちゃんと理解しないといけないんだ」となってしまいますが、ダイバーシティが進むと「話し手責任」になるわけですよね。
木下

そこが「英語の通訳を入れれば大丈夫では?」という声にまさに関係するところですね。いやいや、構造が違うんですと。日本語の文脈で話しているところを一言一句英語に直しても英語話者にはピンときにくい。なぜなら、ものすごくハイコンテキストな会話だから。英語になると急にダイレクトになるので、実は日本人にもわかりやすいというのはありますね。

SPECIAL

北澤の想い

想い切りトーク編集部から
インタビュアーの北澤に逆インタビュー

  • メールマガジン登録はこちら
  • レジェンダ・コーポレーション株式会社