Skip to content(本文へジャンプ)

想い切りトーク Vol.026 前編

  • 想い切りトーク
  • Vol.026
  • 前編

相談される人事であれ!
会社にエネルギーを与える存在に

取材日: 2019/02/04

  • Twitterでシェア
  • Facebookでシェアする
  • Chubb損害保険株式会社 取締役 人事部長(CHRO)
    南 由紀
  • インタビュアー北澤 孝太郎

チャブは、54ヶ国で事業を展開する世界最大級の損害保険会社。グローバル拠点展開を強みとし、世界中に約30,000人の従業員を抱える。日本法人は2016年に、親会社のエース・リミテッド(スイス)がチャブ・コーポレーション(米国)の買収を完了し「チャブ・リミテッド」へ社名を変更。それを受けて同年、エース損害保険株式会社から「Chubb損害保険株式会社」に社名を変更した。新しいスタートを切った同社で人事部長を務める南由紀氏にお話をうかがった。

PROFILE転職を経て気づいた人事という仕事の重要性

南 由紀

北澤
ご出身はニューヨーク大学ですね。日本の大学を出られてから留学されたのですか?
いいえ。高校を卒業してすぐです。高校生のとき、ピアノを習っていまして、ピアノの先生に「大学どうするの?」と言われました。ピアノで大学進学できるレベルではないと自分でもわかっていたので、「英文科で英語の勉強をしたいと思います」というような話をしました。
すると「日本の大学の英文科じゃなくて、留学という道もあるんじゃない?」と言われて、「ああ、そうか!」と。
実は、私には双子の姉がおりまして、2人でアメリカに行くなら親も許してくれるだろうと思い、姉を誘って留学しました。
北澤
なるほど。大学卒業後は日本に戻って就職された。
そうですね。アメリカの大学の3年次の学期が終わった頃、日本に帰国し就職活動をしました。
その中にAIU(現AIG損害保険)があり、内定をいただきました。
北澤
AIUに新卒で入社し、人事部に配属されましたね。それは、予想通りですか?
全く予想に反していました。当時は、総合職の中でも女性はまだまだ少なかったです。新卒は基本、損害サービスか営業に配属されます。自分もそうなるだろうと思っていたら、入社3ヵ月でいきなり「7月1日付で人事部です」と言われて、自分だけなぜ?と思ったのを覚えています。ただ、その頃はまだ、「人事」というのに、腹落ちしていなくて。同期が外に出て営業したり、お客様の対応をしているのを見ているうちに、外に向かって仕事をしたいなと、思いました。大学でファイナンスを専攻していたので、ファイナンスに関わるような仕事をやってみたいと思い金融情報サービス会社に転職しました。
北澤
その会社には何年ぐらいいましたか?
4年ぐらいです。ベンチャーで新しい会社だったので、どんどん人が増え、私も入社2年で10人ぐらい部下を任されることになりました。そうすると今度は、皮肉なことに、人や組織についての知識がないとマネジメントはできないんだということに気づきました。ただ、外に向かってコンサルティングをするという仕事は、お客様にも感謝されますし、すごく楽しかったです。それで、コンサルティングをやりたいなという気持ちが強くなり、人事・組織のコンサルティングの仕事に就きました。それがタワーズペリン(現タワーズワトソン)でして、そこから10年ほどいろいろな会社の人事コンサルをやりました。
北澤
人事コンサルをされていたときは、自分の中で柱とか、枠組みみたいなものというのは、何かできましたか?
一緒に働く仲間が自身のキャリアにオーナーシップをもっていて、どういうスキルや経験ができるかを、みんな真剣に考えていて、すごく刺激を受けましたね。お客様に決められた期間、スコープの中で、最大限のバリューを出すためにどうすればよいか。そこで思考力と分析力が徹底的に鍛えられたと思います。
北澤
人事の仕事としては、採用、教育、制度、それから、風土醸成などがあると思いますが、このときは、制度が中心でしたか?
そうです。私が人事コンサルを始めた当時は、コンサルタントを入れて人事制度改革をやりましょう、という時代でした。それこそ、C&B(Compensation & Benefits)系を柱として、徹底的にシミュレーションをして、人事と一緒に経営に提案していくスタイルです。あとはインセンティブをどうしていくかとか、職務ベースの人事制度を導入していくとか、ある意味新しいツールが求められていた時代ですね。
北澤
風土醸成についても手掛けられたのですか?
カルチャー浸透の重要性を実感するは前職のウォルマート西友に入ってからです。小売は、それまで経験がありませんでしたが、他の業界と比べて身近に感じました。今日の結果が明日にはわかりますし、改善を繰り返す中で答えを見つけていくビジネスです。非常にスピード感があるし、ユニークで他に類を見ないウォルマート・カルチャーも、面白いと思いましたね。
たくさん会社がある中で、なぜこの会社で働いているのかというのは、自分が働く上ですごく重要なのだと気づいたのもウォルマートにいたときです。

SPECIAL

米国HR Tech最新動向

米国HR Tech最新動向
【第二部】人事トップ集結!パネルディスカッション

人事部長の想い切りライブ

人事部長の想い切りライブ
働き方改革の落とし穴 アフターレポート

北澤の想い

想い切りトーク編集部から
インタビュアーの北澤に逆インタビュー

  • メールマガジン登録はこちら
  • レジェンダ・コーポレーション株式会社